[ライブ]4/18(土)Karman 四国ツアーin徳島

karman_web

モンゴルの楽器「馬頭琴」、中世ヨーロッパの楽器「ハンマーダルシマー」、
アイルランドの太鼓「バウロン」

珍しい楽器の数々が、モンゴルの伝統的な唱法ホーミーと混じり合う。
モンゴル・アイルランドの伝統音楽をベースにした
新しくユニークな音楽を創造するバンド「カルマン」の四国ツアーin 徳島

一昨年、uta no taneでライブを企画したSASAKLA & John John Festival のメンバーでもある
バウロン奏者のトシバウロンさんが所属するバンド「カルマン」のライブを
徳島市庄町にあるカルチャースペース「エミール」さんを会場に開催することになりました。

馬頭琴、ハンマーダルシマー、バウロン、、どれも聞き慣れない楽器ばかり。こんな珍しい楽器の演奏を聞ける機会もそうそう無いかと思いますが、それぞれの楽器の、日本トップクラスの奏者たちが集結したバンド「カルマン」のセッションは、楽器やその国のことを知らなくても、魅了させてくれるに違いないと思っています。

※ ご予約は、エミールさんかuta no taneのどちらかでお願いします。


[開催日時]
2015年4月18日(土)
18時open / 19時start

[料金]
前売. ¥2,500 / 当日.¥2,800
(フード・ドリンク別)

[開催場所] 
エミール カルチャー&マルチスペース (徳島市庄町1-63)

[予約・問い合わせ] 
※ エミールかウタノタネのどちらかでご予約ください。

エミール カルチャー&マルチスペース http://emile.jp/
tel. 088-637-0241

uta no tane http://utanotane-shop.com
tel. 088-678-6097  / メール. info@utanotane-shop.com

karman

Karman (カルマン)
http://www.facebook.com/karmanmusic

岡林 立哉 馬頭琴、ホーミー
名古屋市出身、高知県在住。日本で数少ない、ホーミー、馬頭琴の奏者。1998年初めてモンゴルを訪れホーミーの音色に魅せられる。以後、モンゴル奥地を旅し遊牧民の文化、歌を学ぶ。カウスティネン民族音楽祭(フィンランド)、ヴィルニュス国際民族音楽祭(リトアニア)など各国の音楽祭出演。馬頭琴の素朴で暖かい音色、ホーミーの宇宙的な響きは聴く人に驚きと感動を与える。

小松崎 健 ハンマーダルシマー
1986年から独学でダルシマーを始める。1988年、ケルティックグループ「HARD TOFIND」を結成。自主レーベルから8枚のオリジナルアルバム、徳間ジャパンから2枚のオムニバスアルバムを発表。また、1989年にはソニーレコーズから3人編成のバンド「SACRA」としてCDデビュー。現在、演奏活動の他、ダルシマーの輸入販売や教室など、ダルシマーの普及にも力を入れている。

トシバウロン バウロン
日本では数少ないバウロン専門のプレーヤー。メガネが弾け飛ぶほどダイナミックな動きで、グルーヴを作り出す。John John Festivalを軸に多様な活動を展開中。2012年スペイン国際ケルト音楽フェスでHarmonica Creamsとして日本人初の優勝。葉加瀬太郎、鬼束ちひろのレコーディングにも参加。アイリッシュミュージック専門イベント企画やCD販売レーベル「TOKYO IRISH COMPANY」を主宰する。

 

2015-03-20 | Posted in 展示・企画Comments Closed 

関連記事