#blog ものづくりのおはなし

わたしは作家やアーティストに憧れていたけれど
作家やアーティストにはなれなかった。

デザインの仕事をしていると「ものづくりしているじゃない」と言われることもあるけれど、それは何かの情報を伝えるための手段を形にしているのであって、まったくのゼロから作品を生み出す熱量やクリエイティビティとはまた違う。

お店をして、編集やライターの経験があって、グラフィックデザイナーでもある、わたしだからできることは作家やアーティストのものづくりをしっかりと伝えていくこと、そのための場所とツールをつくること。そんなことをぼんやりと考えながら、今年はutanotaneだからできる伝え方をもっとしていけたらと、ちょっとずつ準備をはじめているところ。

IMG_5679

今週土曜日には、Mellow Glassさんのおはなし会
本当は長野まで行って工房を取材して、自分の目でみて、伝えたかったけれど、時間的にそれは叶わず。Mellow Glassさんから送っていただいた資料をもとに、参加者用のちいさな冊子をつくっている。Mellow Glassさんのおはなし会では、この冊子も見ながら、工房の雰囲気やものづくりの工程を知っていただければ、と。

モノを買っていただかなければ運営も生活も成り立たないけれど、utanotaneをモノを買うだけの場所にはしたくない。モノの背景にある「人」と「物語」を知れば、モノがもっと好きになるんだと思う。楽しくなるんだと思う。徳島の人にももっと知ってもらいたいなあ。

週末のおはなし会の準備もしながら、来週の出張の予定を考えている。
その次の次の次の展示の取材へ。

utanotaneだからできること。
儲かる気配はまったくないけれど、楽しんでもらえると信じて、やってみます。

 

2016-03-23 | Posted in blog, JOURNALComments Closed 

関連記事